ラトビアの手編みミトン: 色鮮やかな編み込み模様を楽しむ

ラトビアの手工芸として代表的なのが手編みのミトン。
使われる模様や色、その組み合わせに意味があることや、残っている数が膨大であることが、他の国ととちょっと違うところ。
この小さな手仕事はラトビアの人の暮らし節目になくてはならない大切なもので、それゆえ大事に保管されてきたミトンたちのことを「名誉のミトン」と呼んでいるのだとか。
そんな愛おしい小さな編みものを紹介しているのが、この本です。
6月に開催される民芸市やリガ旧市街のワクワクするような写真もあります。
編み針を動かしながら、ほっこりとラトビアにひたりましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする