ムーミンカフェ@ヘルシンキ

日本のムーミンカフェといえば、ムーミンと一緒に北欧の料理やムーミングッズを楽しめるアミューズメント的なカフェとしておなじみですね。

実は昨年12月に仕事でヘルシンキを訪れた際、オープンしたての本場ムーミンカフェを訪れる機会がありました。どのくらいほやほやかというと、なんとオープン日(12月2日)の翌日!その割には行列もなく(日本的発想か)、ファミリーが多いものの、店内もいい感じに落ち着いた雰囲気でした。

…というか、おしゃれ。
壁にはムーミンの原作者、トーベ・ヤンソンの原画。そして、北欧デザインの家具。なんだろう、日本のファンシーさとの違いは。

コンセプトが「チルドレン・ファースト」というだけあって、キッズスペースが充実。絵本も置いてあるし、ブランコまであるのに、です。

食べ物はですね。
いわゆるオーソドックスなカフェメニュー。ぺストリー類やケーキ、サンドイッチなどなど。大人でも安心して頼めるものばかり。ムーミン型のパンケーキとか、ラブリーなメニューはなさそうでした。

その分、食器にムーミン。あ、ミィか。

北欧ならではのリコリスも味見もさせていただきました。漢方の甘草の一種(スペインカンゾウ)が原料というお菓子。忘れてたよ、この強烈な味(涙目)。

そしてこの日、用意していただいていたランチはにぎり寿司。フィンランドで日本食は洒落た食べ物だから現地の人にはきっとOKなんだと思う。魚のお寿司がメニューになったのも「スナフキンが釣り名人だから」が理由だし。でも、ムーミンカフェでお寿司を食べながら、「ここ、ヘルシンキだよね?」と確認し合う日本人集団でした。

ちなみに、魚のお寿司は「マツコ」。

野菜のお寿司は「フミコ」。
さやえんどうのにぎり、作れそう。作ってみよう。

でもね。お店を出れば、ウィンドウには見慣れたムーミン。
その向こうで笑う子どもたち。
ああ、やっぱりおしゃれなんだな。

ちなみに、ムーミンのあみぐるみの本も出てます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする