ラトビアの手編み靴下: 受け継がれる伝統の編み込み模様

ラトビアのミトンに続く第2弾『ラトビアの手編み靴下』。
ミトンより靴下の方が簡単というおばあちゃんたちの言うことが、ちょっとわかりかけているこの頃(笑)。
編み込みも模様編みも難しいんですけど、とりあえずはき口からつま先まで編みきっておしまいの靴下は、初心者でも頑張れる気がする…。
本では伝統柄から多色使いの手間ひまかけて編むタイプまで幅広い靴下を作り方とともに紹介。
ちょっと厚みのある手編みの靴下はサボと合わせるとすごく可愛いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする