ゲランドの自然塩

フランス・ブルターニュ地方の塩田で作られている
自然塩をいただきました。

塩田というと、日本。
しかも,最後に煮詰めて仕上げる製塩方法を
思い浮かべてしまいますが、
このゲランドの自然塩はいっさい火を使わず、
太陽光での乾燥と、1~2年、倉庫に寝かせて水分を抜くという、
とても手のかかった品。
その分、ミネラルたっぷりの風味豊かな味なのです。
このまま舐めると、とてもよくわかります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする