キッチンステージ@新宿

先日、新宿ISETANのkitchen stageで開催されていた
ラトビア料理のセミナーに参加してきました。

いただいたのはこちら。とても洒落たコースメニュー。
*アミューズ/じゃがいものガレット サーモンとキャビアを添えて
*前菜/ビーツとジャガイモのクラッシュ、半熟玉子のディル風味、リガ・スプラッツ、ライ麦のチュイルを添えて
*スープ/かぼちゃのスープ 赤えんどう豆を添えて
*メイン料理/サバのグリル、新鮮でクリスプなザワークラウト、フェンネル、ホースラディッシュを添えて

こちらはかぼちゃのスープ。
クリスピーな赤えんどう豆が散りばめられていました。

実はラトビアには「ズィルニ」と呼ばれる
赤えんどう豆をベーコンや玉ねぎと炒めた冬の伝統料理があります。

現地でいただいた時に「食べたことがある」味と思ったのですが、何豆かわからず。
今回、やっとスッキリしました。
ほらほら、みつ豆や豆大福に使われている、あの豆ですよ。

その他の料理はこちら。

サワークリームとディルはラトビア料理に必須です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする